初心者のためのおすすめギター練習法 上達するためのレッスン

初心者のためのギター練習法。コードの押さえ方、ピッキング、フィンガリングなどまず1曲を弾けるための練習法を教えます

ギター初心者が、弾けるようになるための練習方法をアドバイスします。


You are the winner R FRONTIER

これからギターを始めようとされてる初心者さんの「何から始めたらいいの?」や「個人的に悩む些細なこと」などを一つひとつ解決しながらギターを上達していきましょう!

 

 

ギターは買ってはみたが、またギターを買ってもう1ヵ月ほどが経つが何も進まない...、と悩んでませんか?「自分はギターを弾けるかな」「リズム感ないしな」「音程がわからない」「飽き性だから続けていけるかな」などいろいろな不安がでてくる。

 

ギターをやるからには上手くなりたい!

 

とにかくギターを始めてみた!その入り口となるところで挫けてしまったらせっかく弾けるはずのギターが弾けないことになってしまいます!

 

なので続けていけると思える、きっかけが必要だと思います。落ち着いて一つひとつギターの技術を習得し、まずは全く弾けない初心者から抜け出せば自ずと練習も続けていけるでしょうし上達へと進みます!

 

好きなミュージシャンを見て「自分もギターを弾きたい」、弾き語りをしながら歌いたい。その思いを継続させたい。

 

人前での演奏も夢見ながら、上達に向かう

人前で演奏することを夢見て

 

ではいざギターを弾こうにもカッコイイ音は出ない、ピックの持ち方、コードがしっかり押さえることもできない。ギターは購入したが、他に必要なアイテムはどれ?などわからないことがいろいろと出てくる。

 

初心者さんは、何から始めていけばいいのか?と悩むことになるでしょう。

 

とりあえず初心者向きの教則本やDVDを観ながら練習はしているが、なかなか上達しない。今の時代ならYouTubeでも初心者向けの動画も沢山ありますが、観ても思ったより理解が出来ない。

 

こちらのブログでは、やさしく、簡単に、出来る限り情報も簡潔なかたちでターレッスンをお伝えしたいと思います。

 

ギター初心者の人始めては止めてまた始めては止めて…またギターに挑戦という人、あとこういう人も多いのでは…、長年ギターをなんとなく続けてはいるが全然上達しない人。

 

実際、個人ギターレッスンで生徒さんに教えている僕から良き練習方法についてお伝えできればと思います!

 

ギターを始めるに何からしたらよいか

何から始めよう…、悩んでばかりもいられない、出来るところから始めよう!

 

ですがまずご紹介する内容は、練習方法よりもこれからギターの上達のための心構えをお伝えしたいと思います。

 

■ 目次

・とにかく毎日ギターに触れること

・まだ弾けないがでもギターで楽しむ

・練習メニューは決めて毎日続けること

・ギターを弾く以外のリフレッシュ

・これだけは必ずしてほしい!チューニング

 

とにかく毎日ギターに触れること

 

guitarlove.hatenadiary.jp

  

まだギター弾けないが、それでもギターで楽しむ

 

guitarlove.hatenadiary.jp

 

 

練習メニューは決めて毎日続けること

 

guitarlove.hatenadiary.jp

  

 

ギターを弾く以外のリフレッシュ

 

guitarlove.hatenadiary.jp

 

 

必ずしてほしい!チューニング

 

guitarlove.hatenadiary.jp

 

 

早く弾けるようになりたい気持ちはわかりますが、最初からすぐに思うようには弾けないところからスタートです!まずは出来るところから始めて続けていくようにしてください。

 

練習は繰り返し続けることで必ず上達していきます。でもこんな声が聞こえる「練習を続けても上手くならないから困ってるんだけど」と長年続けても全然上達しない人からそう言われそう。

 

正直、僕も最初からしっかりとした練習をやっていたかというと出来ていないです。結局、時間を無駄にしギターの上達まで時間がかかってしまったわけです。

 

自分の過去の反省点と、皆様の上達が進まない事が、共通点であるのでしたらそれらを省くことによって少しでも上達の近道となればと思っております。

 

 

他の記事で、一つひとつ練習方法をお伝えしていきたいと思います。

 

皆様が出来る限りギターの上達が早くなるよう僕なり効率の良い練習方法をお伝え出来れば幸いです。

 

 まずは右のストローク練習から始めてみましょう!guitarlove.hatenadiary.jp

 

↓読者登録はこちらからお願いします↓

スライド / グリッサンド ギターの必須 基本奏法テクニック

スライド / グリッサンドとは、ある狙ったポジション(フレット)まで弦の上を指が滑っていきながら音を出す。ギターフレーズの表現がさらに増す!

 

ギターの演奏を見てると、あるポジションの音を出す前に一瞬そのポジションから離れた位置から指が弦の上を滑りながら向かって来て出したい音のポジションに来る。そういうのを見たことがあるかと思います。なんとなく観ててもちょっと忙しく弾いてるような雰囲気を感じる、などでもいいです。

 

スライドの音も含みながら出したい音のポジションの音を出す。これもギターならではの必須のテクニックです。

 

 

 

基本的なスライドのやり方

低い音からのスライド

高い音からのスライド

雰囲気だけでスライド

 

 

 

ブレークタイム

ちょっとギタープレイから離れてブレークタイム、ギターレッスン教室あるある話だったり、ボヤキだったり 笑

 

僕のギターレッスンに来る生徒さん、嫌悪感まで感じる人にたまにでありますが、遭遇するわけですが、その逆もあるでしょうね。ここのレッスン合わないないって(´;ω;`)

僕のプレイに対する不満があるの仕方ないことだとは思っております。すべての人を納得させるギターレッスン教室にすることは無理なことで。

 

とはいえこちらも常にギタープレイ、レッスン内容、生徒さんの接し方など向上しなければいけないと、思いで日々しております。

 

自分が過去、ギターレッスンのエピソードで、個人でされているギターレッスンを習いに行って2回のレッスンを受けただけで「いい感じ、それなり弾けているよ!」で終了。その時は、自分のレベルがわからないから「これでいいのか、僕は結構弾けるほうなんだ」と若気の至りで思ったわけですよ。はっきり言って無責任な発言だと今思えばそう思います。

 

それなり弾けてる、出来てる、とかって抽象的ですよ。教えらている僕のレベルでは確かに誉め言葉になるのかもしれないので、教えたくれた先生には悪気はないのかもしれない。

 

アドバイスを受けたとき本人の捉え方に自己責任という判断が問われる場面である。

 

勘違いであることは、幸いすぐ気づいたで自分自身で次なるステップへ自分で練習内容を決めて練習はしてました。

 

その後もちょこちょこ音楽雑誌に掲載されているギター教室習いにいっては、短い期間で辞めてましたね。

 

辞めた理由は先生となんとなく合わないとか、自分の知りたいことだけ知って辞めるという感じですね。

 

きっちりとした企業としてレッスン教室をされているところにも行ったこともありますが、事務的なレッスンで刺激がなかったり。

 

とはいえ辞めた理由は僕自身の判断であります。僕が合わないと思ったレッスン教室、他の人にとっては良いの出会いであり良いレッスン場であるかもしれないのです。

 

僕のブログに訪れる人、直接ギターレッスンに来れる人は、僕と良い縁であった感じていただければと思えるよう僕も常に向上心を持ってギタープレイをしております。

セーハコード (バレーコード)

セーハコード(バレーコード)のコツ。このコードが出来れば、上達の実感が増すことでしょう

 

f:id:guitarlove:20201015123812j:plain

 

「Fコードの壁」という言葉があるぐらい初心者が苦労するようなことを、音楽雑誌やネットの情報、ちょっとギターをしてたという人からも聞いたことがあるのではないでしょうか。ギターを弾くにあたりセーハコードを押さえれるか押さえれないかは、今後ギターを続ける分かれ道となるほど重要な部分である。

 

ですが、まだ始めたばかりの初心者が、セーハコードは出来るか出来ないかで、今後ギター続ける判断をしてはいけない

 

早い段階で出来る人もいるでしょうが、出来なければ出来ることを平行しながらセーハコードを完成させていく、というふうに段階的に進めていけばいいのです。

 

「フォームどおり押さえれているかな」「押さえているはずが、音が出ない」「だんだん音が鳴ってる」そういう感じで進めてください。とにかく挑戦、改善で練習していきましょう!

 

セーハコード(メジャー)

 

セーハコード / バレーコード

セーハコード / バレーコード


 

練習していくなかフォームの改善、コードチェンジなどしてるうちにフォームがすぐ作れるようになります。つまりそのフォームに慣れてくるのです。そうしているうちに、いつの間にか出来てきます。

 

と言っても、いつの間にか出来ているかご不安の人は、単音弾きで全弦音が鳴っているか確認しながら練習しましょう。その点はシビアにチェックしていくことで、しっかり全弦の音が鳴るセーハコードが完成します。

 

 

 

セーハコード(マイナー)

マイナーのセーハコード / バレーコード

マイナーのセーハコード / バレーコード

ここのでマイナーのセーハコードをご紹介しておきます。このマイナーもいずれは習得していく必要のあります。

 

「まだメジャーのセーハコードほうも押えれてないのに、なんでマイナーも?次から次から大変だよ」という声もあるかと。

 

マイナーのセーハコードの練習をすることで、メジャーのほうを完成に近づかせるということです。

 

マイナーはメジャーの中指を離すと完成します。この中指を離した時の人差し指の押さえ方に注目していただきたいのです。

 

中指を離した3弦の音は鳴りますか?3弦の音が鳴り、当然同じ人差し指である1、2、6弦の音も鳴らせてなければいけないのです。

 

人差し指の押さえ方をここで見直してみてください。そうすることでフォームも改善になっているはずです。

 

マイナーのほうが、微妙ながら音を鳴らせているのでしたらメジャーに試してみてください。3弦中指を足せばよいわけです。

 

メジャーのみで練習するときよりフォーム改善になっていればマイナーのフォームが活かせております。

 

メジャー、マイナーのセーハコードを今後で練習していくことでフォームの修正に繋がるはずです。 

 

実践 コード進行

定番オープンコードとFコードを覚えれば、あとはコード進行の組み合わせの違いでいろんな曲が対応出来ますのでコピー曲のレパートリーも増えますよ。

 

 

guitarlove.hatenadiary.jp

 

 

guitarlove.hatenadiary.jp

 

 

↓読者登録はこちらからお願いします↓

オープンコード(和音)

定番のオープンコードを覚えればいろんな曲に対応できます

 

オープンコードとは、開放弦も含めて鳴らせるコードです。定番のオープンコードを習得すればいろんな曲も弾けます。弾き語りをされたい人もこれらのコードを覚えれば実現可能です!

まずは定番のメジャーコード(明るい音)のオープンコードです。Cコード、Dコード、Gコード、Eコード、Aコードの5つです。


定番メジャーコード

C

Cこーど

Cコード


 

6弦はしっかりミュートしましょう。3フレットを押さえる薬指の先を6弦に触れる、また左手親指を6弦に触れるのです。


他のコードを押さえる時の共通するところは、弦を押さえる指は立てるように押さえます。特にCコードの場合中指、開放弦を鳴らさなければいけないので1、3弦に触れてミュート状態にならないようにしましょう。

 

D

 

Dmajor

Dコード

 

比較的押さえやすいコードかと思うのですが、甘くみると中指が立てれてないと1弦をミュート状態になります。

6、5弦は親指でミュートします。 

E

 

Emajor

Eコード

押さえやすいコードです。6、2、1弦の開放弦を鳴るようにしましょう。 

G

 

Gmajor

Gコード

最初は難易度が高いコードです。1弦を押さえる小指が押さえにくいかと思います。

対策としては最初は1弦も開放弦を鳴らすフォームでも良いかと思います。その場合のコードはG6(ジーシックス)となり同じメジャーコードであり響きも大きく変化はないので、G6でコードフォームに慣れてきましたら小指を足していくという進め方が良いかと思います。 

A

 

f:id:guitarlove:20201024005818g:plain

Aコード

同フレットに指で3本押さえるフォームになります。人差し指、中指、薬指の押さえ方が定番のようですが、僕は指が太くフレットから指がはみ出しやすいためにキレイな音が出しにくいです。

 

4弦から中指、3弦薬指、2弦小指というふうに押さえるようにしてます。皆様もどの指が押さえやすいか試してみて指使いを決めてください。

 

 

次は定番のマイナーコード(暗い響き)のオープンコードです。Amコード、Dmコード、Emコードの3つです。

 

定番マイナーコード

 

 

Dm

 

dminor

Dmコード

薬指が押さえにくいかと思われるので、フォームが乱れるないようにしてください。 

Em

 

eminor

Emコード

 

押さえやすいコードフォームですが、開放弦をミュートしてしまわないように気をつけましょう。 

Am

 

f:id:guitarlove:20201024013441g:plain

Amコード

押さえやすいコードかと思いますが、指をしっかり立てて押さえましょう。特に1弦の開放弦をミュートしやすい傾向にありますので気を付けましょう。

 

握ったフォームになりますので、6弦は親指でミュートしましょう。

 

押さえやすい、またコードを覚える対策としては、Eメジャーコードのフォームのまま1弦ずつ下(1弦に向かって)に下がるとAmとなります。

 

どのコードも一音一音鳴っているか、1本ずつ弦をピッキングして確認しましょう。しっかり音が鳴らないようでしたらフォームの改善を繰り返し、フォームのかたち慣れていくことで仕上がってきます。

 

定番オープンコードを覚えるだけでも王道なコード進行の曲には対応出来ます。一気にギターを弾くことに楽しさが広がることでしょう!

 

スピッツの有名な曲で「空も飛べるはず」のAメロを弾いてみましょうか。よく使うオープンコード、Fコード(セーハ / バレーコード)も含まれており良い練習になります。

 

スピッツの「空も飛べるはず」のAメロ

スピッツの「空も飛べるはず」のAメロ

 

あとはコード進行の組み合わせの違いで、コピー曲など弾けるレパートリーが増えるでしょう。

 

guitarlove.hatenadiary.jp

 

guitarlove.hatenadiary.jp 

guitarlove.hatenadiary.jp

  

↓読者登録はこちらからお願いします↓

 

 

Dmコード

Dmコード


ブリッジミュート

ブリッジミュート奏法のコツをつかもう。コツをつかまないとプレイが疲れる

 

ブリッジミュートは、ロック系だけでもなくアコギで使える。疾走感、静けさ、重くヘビィなサウンド、など様々な表現が曲によって成り立ちます。

 

ブリッジミュート奏法とは、ギターのブリッジ部分と弦があるところに右手の小指側の側面(チョップするようなかたち)でミュートをしながら右手はブリッジから離れることなくピッキングします。


右手をブリッジに乗せることによって腕に力が入らないようにしてください。ピッキングはぎこちなくなり、腕に「疲れ」が出てギターを継続して弾くことが出来なくなります。

 

 パワーコードでブリッジミュート

M の表記がブリッジミュートとなりますので、下記フレーズはすべてブリッジミュートで弾きます。

 

右手はブリッジに乗せたまま5弦と4弦の2本の弦を同時に、手首から振りの小さなストロークをします。

ギターの奏法テクニックの一つであるブリッジミュート奏法

M の表記がブリッジミュートとなります。

単音弾きでブリッジミュート 

次に単音弾きのブリッジミュートです。右手はブリッジミュートに置いているので忙しい弦移動でなければむしろ弾きたい弦を狙いやすくピッキングが出来るかと思います。

f:id:guitarlove:20201023102422g:plain

単音弾きのブリッジミュートも右手は力が入り過ぎないように気を付けましょう。

 

 

guitarlove.hatenadiary.jp

 

↓読者登録はこちらからお願いします↓

アルペジオを弾いてみよう

アルペジオは、コード(和音)を一つ一つ弾いて音を分離させて音が重なり合うことで美しい響きに

 

アルペジオとはコードストロークのように押さえたコードを同時に弾くのではなく、基本は、一音一音弾いて音は鳴らしたままして音を重ねていく奏法です。

 

まずは開放弦のみを使い右のピッキングに集中してください。ピッキングの順番は上から(低い音の6弦から)下に(高い音の1弦)に向かってダウンピッキングで弾いていきます。

 

次は1弦から6弦に戻るかたちでアップピッキングの連続で弾いていきます。下に(1弦)向かってに弾いていくとき、上(6弦)に向かって弾くときダウンピッキングのみアップピッキングのみとなっております。わかりやすく弾きやすいアルペジオの感覚が掴みやすいかと思います。

 

f:id:guitarlove:20201023104755g:plain

開放弦のみの簡単なアルペジオ
四角のかたちをしたマークがダウンピッキング、Vのマークがアップピッキング

いかがでしょうか?上手く弾けましたでしょうか?これもまた最初からすぐ出来な

一音一音しっかりピッキングするようにし、ピッキングが空振りしそうであれば右手の動きを確認しながら練習してみてください。

  

では実際コードを押さえながらアルペジオを弾いてみましょう。Cコード、Gコードでコードチェンジもします。

 

f:id:guitarlove:20201023120520g:plain

 

アルペジオの練習にはこんなメリットがある!

アルペジオを体現する感じはどうでしょうか?「音楽の世界観が広がる」感じがしないでしょうか。そんな大げさな思いでなくても「キレイな音を奏でてる」「曲の雰囲気が変わる」と感じませんか。

 

その思いのまま弾きましょう!練習しましょう!

 

コードを押さえるときに鳴らせていない弦があるのでしたら、このアルペジオ練習でしっかりコードが鳴らせるように突き詰めましょう!

 

例えばCコードで、4弦の音が鳴っていないのであれば5弦3フレットを押さえている薬指がしっかり立てれておらず4弦に触れていることがわかります。こうしてコードフォームの改善にもつながります。


guitarlove.hatenadiary.jp

 

 

↓読者登録はこちらからお願いします↓

アルペジオを弾いてみよう その2

定番のアルペジオパターンで曲っぽいフレーズを弾いてみよう

アルペジオのシンプルパターンは弾いてみましたでしょうか。まだの人はまずは「アルペジオを弾いてみよう」をやってみてください。 

 

guitarlove.hatenadiary.jp

   

アルペジオの中に音を半拍伸ばす

タイ(連符、シンコペーションともいう)といって円の一部分のようなマークがある。2つ以上の同音の音符をつなげることにより何拍分の音が鳴っている状態となる。

 

下記のアルペジオは2小節の裏の音からさらに半拍伸ばし3拍の表の音は休む、というものです。これにより同じ音が半拍伸びている状態です。

 

最初は2小節ぐらいのフレーズを弾いて試してください。次にに4小節のフレーズに挑戦しましょう。ダウン / アップピッキングの指定通りに弾いてみてください。

 

f:id:guitarlove:20201024000337g:plain

タイ(円の一部分ようなかたち)の部分は8分音符の半拍伸ばす

 

有名曲で実践

スピッツの有名曲「空も飛べるはず」のAメロで、タイが使われておりますので、実践でアルペジオを体感してみましょう。

 

定番コードも凝縮されているコード進行となっているので、コードとアルペジオの良い練習材料になると思います。

f:id:guitarlove:20201024001130g:plain

スピッツの「空も飛べるはず」のAメロでアルペジオの練習をしよう
1小節目にピッキングの順番を表示してます。
タイがありますので3拍の表拍はお休みとなります。

なかなか出来ないという人は、コードチェンジする小節の頭の音をしっかり弾い意識です。4小節がずっとつながるようなアルペジオでは不安になりかなりミスが増えます。

 

あとは、3拍目の表の音をしっかり休み、裏の音をしっかり弾くとリズムが合います。これもやはりメトロノームで練習しましょう。


コードフォームがまだしっかり押さえれてない人は、コードフォームの改善もしながらアルペジオの練習することで、コードとピッキングスキルアップできます。

 

 

ブログ登録はこちら